歯医者

歯科で歯のトラブルを解決してもらおう|スペシャリストにお任せあれ

矯正器具との併用

先生

歯並びがわるいと、いろんな悪いことがある。歯や口もとだけではなく、その他の部分にも影響を及ぼすということである。たとえば、歯並びがわるくて噛み合わせが上手くいかないと、肩こりの原因になったり、将来の痴呆の原因になったりするそうである。噛み合わせによる刺激がなければ、脳が充分に活性化されないというのがその理由であるようだ。だから歯科を活用して噛み合わない歯並びを整えることが大切だ。歯科はしっかりとした技術力を持っているので、望み取りの綺麗な歯並びを手に入れられるだろう。このことから歯科で治療を受ける人は多い。

歯並びがわるいのは、多くの場合歯の数と比べてアゴの面積が狭いことが原因であることが多い。アゴは狭くても歯は決められた数だけ生えてくるから、前後にかさなるようにして生えたり、横を押しのけるようにして生えたりするのだ。歯科では、そのような状態を改善するために、専用の器具を使って歯の位置を元に戻す治療を行う。具体的には「多すぎる」状態の歯を何本か抜き、アゴの面積と合う数にしてから、矯正器具を付け、位置をずらしてゆくのだ。インプラントは、この矯正治療にも使われている。ワイヤー製の矯正器具で全体的に歯の位置を変えていく一方で、特にぐーっと動かさなければならない1本の歯を固いゴムで結び、歯茎に打ち込んだインプラントとつなげて引っ張るのである。グッと固定することが出来るインプラントは、歯を動かすための支点としての役割を果たすことになる。

Copyright© 2016 歯科で歯のトラブルを解決してもらおう|スペシャリストにお任せあれAll Rights Reserved.