歯医者

歯科で歯のトラブルを解決してもらおう|スペシャリストにお任せあれ

器具を埋め込む

医療器具

器具を使って病気や怪我を治すというのは、医療という分野で行われる「治療」の中では、比較的ポピュラーなものであると言える。私たちは、たとえば手か足かの骨を粉砕骨折みたいなことで一部分だけ失うと、人工骨で接がれることになる。長さが足りない分を、人工的に作られた骨で補うのだ。あるいは、血管が破れて使いものにならなくなったとき、血管が病気の原因となったとき、その部分を取り払い、人工血管を繋ぐという手術が行われる。その他、生命を維持し、失われた機能を取り戻すために身体に器具を入れるという例はたくさんある。そして、その器具は〈インプラント〉という名前で呼ばれるのだ。「移植物」というのが、その翻訳になる。(治療のために)身体に移植する器具のことを、このように呼ぶのである。ただ、現在では歯科で用いられる歯科用インプラントが有名になり、ほとんど歯科専門の言葉のように使われることも多い。

歯科で使われる移植物は、ネジのカタチをしている小さな、チタン製の器具である。チタン製の器具となるので、金属アレルギーを持っている人でも埋め込める。また、丈夫に作られてるチタン製は重さは殆どなく、埋め込んでも顎が重くなるなどの心配はない。その小ささは、1本の歯の太さと同じくらいのものだ。と、書けばお分かりだろう。この器具は歯の抜けた部分に「移植」される器具なのだ。「だが、何のために」と疑問に思う人のためにも、そのことについては次の記事で明らかにすることにしよう。

Copyright© 2016 歯科で歯のトラブルを解決してもらおう|スペシャリストにお任せあれAll Rights Reserved.